まとめ

【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選

2021年3月にデビュー20周年の節目を迎えるボーカルデュオ、CHEMISTRY。人気オーディション番組『ASAYAN』(テレビ東京系)で発掘された川畑要と堂珍嘉邦で結成され、デビュー作の「PIECES OF A DREAM」がいきなりミリオンセールスを記録。その後も数々のヒット作を世に送り出し、現在も各々のソロ活動と並行しながら精力的にキャリアを歩んでいます。

そんなCHEMISTRYはデビュー当時、平井堅やゴスペラーズといった面々ともに、男性R&B人気の一翼を担う存在でもありました。タイプの違う二つの声質が織り成す麗しいハーモニーは、メロウなバラードから豪快たるアップまで様々なR&Bに対応。楽曲を担当したプロデューサーもシーンを代表する名うてばかりで、この20年の間、CHEMISTRYが業界内でも愛された存在であることを証明しています。

今回はR&Bを中心に、CHEMISTRYの”カッコイイ”名曲をシングル、アルバムを問わずセレクト。20年のアニバーサリーにちなみ、時系列に沿って計20曲をご紹介します(川畑要、堂珍嘉邦の各ソロ名義作品は今回除外)。記事の最後には、セレクトした楽曲を含むプレイリストも用意しているので、合わせてお楽しみください。

全20曲!”カッコイイ”ケミソングの歴史

「PIECES OF A DREAM」(2001)



まずは記念すべきデビュー曲から。歌謡曲とR&Bのエッセンスを融合させた松尾潔カラー全開とも言える作風は、のちに続く上品かつ切ないCHEMISTRYの音楽性を早くも確立。手話を用いたミュージックビデオも話題に。

「合鍵」(2001)

200万枚を突破するビッグヒットとなった1stアルバム『The Way We Are』の実質的なオープニング曲にして、メランコリックな金字塔。歌詞は古内東子が手がけ、未練がましい男の情念がこれでもかと炸裂。

「愛しすぎて」(2001)

同じく『The Way We Are』より、ケツメイシのRyojiがソングライティングに参加した人気曲。抑揚豊かなボーカルが愛する人との幕引きを爽やかに演出。

「BACK TOGETHER AGAIN」(2002)

シングル『FLOATIN’』のカップリングが初出。ジャパニーズR&Bの真骨頂とも言えるメロウな情趣が魅力的。のちに2ndアルバム『Second to None』にも収められ、「STILL ECHO」などと共に味わい深いスロウパートを担うに至っています。

「It Takes Two」(2002)



ドラマ『DOUBLE SCORE(フジテレビ系)』主題歌として話題に。作曲は和田昌哉。ラストの崩した歌唱法も含め、新たなデュエットのスタンダードとしても好評を博しました。

固定ページ:

1

2

関連記事

  1. 【アルバムレビュー】HI-D 『Special List』
  2. 新譜レビュー&プレイリスト【松下洸平/MOL /WASABi】
  3. 黒木メイサ『MAGAZINE』聴いて・読んで楽しむ一流エンターテインメント
  4. 平井堅『THE CHANGING SAME』 男性R&Bの黎明を告げた傑作

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】倉木麻衣の”カッコイイ”おすすめ曲11選
  2. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  3. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
PAGE TOP