JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【U-Key zone & Show Chick Boy/黒川沙良 ほか】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

U-Key zone & Show Chick Boy「Lie to Me」




東京のクラブシーンで活躍するShow Chick Boyをフィーチャー。ブギー調のダンストラックかと思いきや、HookではUKガラージを取り入れた雅やかなサウンドが意表を突く。独特の言語センス&符割りで紡がれるリリックもスリリングに感情を攪拌。

黒川沙良「Pulse」


「ブリコー」路線の再来、と形容するのは簡単だが、甘美なエロチシズムを放出する無重力歌唱をはじめ、ボーカリスト黒川沙良の表現はさらなる次元に突入。主人公の感情を宿命かのごとく完全に取り込んでおり、下手な映画よりも胸に来る。

JASMINE「Love Is Drug」


<この街はイミテーション>となかなかにセンセーショナルな歌い出しで始まるスムースR&B。 本能のままド直球に相手を求めつつ、裏に見え透く”か弱さ”まで臆することなく描く、彼女の繊細なさじ加減が尊い秀曲。

DinoJr.「Bingo」


Jネオソウルの雄が3rdアルバム『NO MAN IS AN ISLAND』をリリース。シンセを主体にしたアップリフティングなサウンドワークが各所で映える中、悠然としたアレンジでおセンチなボーカルにフォーカスを当てたこの楽曲の存在感はひとしお。コーラスの淀みのなさも多幸感があってまた素晴らしい。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP