JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【Tele/宏実 feat. CIMBA/藤井隆 ほか】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

Tele「Véranda」




谷口喜多朗のソロプロジェクト、Teleの新作。ヒットを記録した「花瓶」と同様、”心のしこり”を感じさせる歌詞を敷いた一方で、温かいボーカルやアレンジが織り成す多幸感に心底癒される。オザケンっぽさもあるポップなセンスも見逃せない。

宏実「フレンドゾーン (feat. CIMBA)」


鉄板コンビが「セフレって言わない」に続いて共演。現代調にこしらえたT-SK製トラック、優しいファルセットを主軸にしたボーカル編成など、友達以上恋人未満な関係性をファンタジックに盛り上げる意匠がモリモリ。

藤井隆「おやすみ東京」




ロイヤルホストとのコラボが話題を呼んでいる最新アルバムより。全体的にレトロな趣がキーとなっており、この楽曲も心憎きニュージャックスウィング風味に。余白を意識した軽やかな歌声に、彼の新たな可能性も見たり。

RUNG HYANG「Puzzle (feat. 向井太一)」




J-R&B好きで知られる両者が紳士的かつ刺激的な横揺れチューンを”発明”。「PARK」(RUNG HYANG、claquepot、向井太一名義)のようなダイナミックな曲調を想像していたら、これは心地よい裏切り。あうんの呼吸で繋がれるグルーヴが爽快そのもの。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP