JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【宇多田ヒカル/UNI-Qreatives/エス・ティ・ワイ 他】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。


Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

宇多田ヒカル「PINK BLOOD」




<だれ・にも・みせ/なく・ても・きれい/なも・のは・きれい>のパートを筆頭に、宇多田節とも言える独特のリズムがみずみずしく炸裂。サウンドやコーラスが醸し出すナチュラルな揺らぎ、そしてアイデンティティを高らかに誇る歌詞も含めて女神的な気高さを感じる一曲。

UNI-Qreatives「Honestly (feat. T-CHU)」

上質な日本産R&Bを追求し続けてきたプロジェクトが、ついに1stアルバムを発表。笠原瑠斗らが参加した新曲はどれも素晴らしい出来だが、今回はプロジェクトの中核メンバーの一人、T-CHUが歌唱を担当したこちらを。ダイナミックなトラックと艶っぽいテナーボイスが織りなす不思議なフュージョンは病みつき必至。

エス・ティ・ワイ「雨のビート」

雨をエンジョイする楽曲は数あれど、彼の生み出したそれはやっぱり特別。ムードを一瞬にして高める水のSE。シティポップとR&Bが共存した贅沢な世界観。中でも、物語が劇的な煌めきを見せるBメロ部分は芸術の域。

GARA「I’m down」

愛知県出身の新鋭男性シンガー、GARAのシングル。スウィートなコード構成のもと、愛する喜びを素直に伝えるオーセンティックなR&Bで、今時珍しくフェイクにも気配りを見せるという抜け目のなさ。彼の手法に惚れ込む人はきっと多いはず。

Laya「It’s On You」




現行のチルR&Bを得意としてきた彼女が、懐かしさ香る純フロア仕様のハウスチューンをドロップ。従来のしなやかなスタイルをここぞとばかりに生かした清涼感あふれる歌いっぷりが眩しい。

iScream「Maybe…YES」




LDH主催のオーディション出身のティーン三名で結成されたガールズユニット。maeshima soshi、OHTORAらがクリエイターとして参加した本作は、女の子の甘酸っぱい心情を綴った好ミドル。ファルセットが気持ち良い風を運ぶメロディアスなサビは必聴。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP