JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【菅田将暉/Hannah Warm /ゴスペラーズ ほか】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

菅田将暉「惑う糸」




Vaundy提供曲。ファンク、ソウル、ロックなど数多の要素を贅沢に内包し、いつにも増して野太く男勝りな歌い回しで突き進む。

Hannah Warm「JUST IN TIME」




当代随一の”夜が似合う歌声”を持つシンガーソングライターが新曲を発表。くつろぎ極まるサウンドワークのもと、今回も艶やかな身のこなしで彼女は泳ぐ。

ゴスペラーズ「Keep It Goin’ On (feat. Penthouse)」

セルフカバーアルバムからの先行曲は、三浦大知のデビュー曲をPenthouseとリメイク。ダイナミックな演奏もさることながら、ブラジリアンなノリを引き連れたサビの高揚感が絶品。

Ryoma Takamura, Noconoco, Sala & Donatello「Howlin’」

新進プロデューサーであるRyoma TakamuraとNoconocoが、これまた頼もしい存在の二名と共演。麗しいボーカルで上品な愁いを放つSalaによるフックが聴きどころ。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP