JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【松浦亜弥/FlowBack/NiziU ほか】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

松浦亜弥「Addicted」




多くの人が待ち望んだ松浦亜弥の新曲。夫である橘慶太が用意したミドルテンポのサウンドは、流麗と形容するにふさわしい透明感抜群のクオリティ。あややの歌唱力もブランクを何ら感じさせず、むしろ大人の哀愁を淑やかに放つまでに進化を遂げている。この夫婦、やっぱり色々とすごい。

FlowBack「鳳蝶」




自分たちの音楽性をアグレッシブに更新し続けるFlowBackの新曲は、甘やかに降下する<娑々 ride on you>のフレーズが印象的なダンスチューン。引く手数多の作家、Joe OgawaとMarcello Jonnoを招き、フェイクも存分に取り入れた大らかな表現で魅了する。

NiziU「Blue Moon」




同コンビ提供による楽曲をもう一つ紹介。冬を彩るとびきりロマンチックな遠恋ソングで、元気あふれるパブリックイメージとは異なる繊細なボーカルが美味。もっとも、リズムについてはヒップホップ的なムード作りに意欲的で、彼女たちらしく踊れる一曲であるのも事実。

BuZZ「Candy Rain」




ライジングプロダクションが誇る”攻め”のバンド、BuZZのニューEPに収録。他曲でも発揮されているトラディショナルなファンク趣味に今様のこだわりと色男ボイスを合わせた、驚くほどスマートな一品。海辺のドライブにでも持ち込めば、季節を忘れるほどの爽快感が待っているはず。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP