JAPANESE R&B

アコースティックに日常を鳴らすRUNG HYANG『CLASSIC』の魅力

block fm.でのトーク番長ぶりも好評なRUNG HYANG、EPとしては『AROMATIC』以来の作品。Shingo.Sがアレンジに参加した「RELIFE」など、ファットなビートを敷いたおなじみのR&B路線も提示しつつ、本作は彼女のルーツであるアコースティックなバラードが聴きどころとして大きく息づく。




先行曲の「グラデーション」では、RUNG HYANGの真骨頂とも呼ぶべき日常描写が連続。穏和な歌声が響かせるナチュラルに多幸感は格別の一言。一途に人を思う尊い姿を描いた「Love me」も、ノスタルジックなストリングスの主導によって何ともグッとくる仕上がりに。

RUNG HYANG『CLASSIC』
2024年5月8日配信開始

1. Trip
2. RELIFE
3. Love me
4. グラデーション

関連記事

  1. 新譜レビュー&プレイリスト【Tele/宏実 feat. CIMBA/藤井隆 ほか】
  2. 新譜レビュー&プレイリスト【松下洸平/claquepot/私立恵比寿中学】
  3. 新譜レビュー&プレイリスト【MISAMO/RUNG HYANG/mashoe’ ほか】
  4. 生活は忘れて「scale out」にアトランタベース×シティポップの奇跡的融合を見た

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】倉木麻衣の”カッコイイ”おすすめ曲11選
  2. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  3. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
PAGE TOP