JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【JASMINE/Awesome City Club/SEPTENI RAPTURES ほか】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

JASMINE「Come & Talk 2 me (feat. Big Joe)」




全20曲以上を誇る大容量アルバム『Re:Me』に収録。dj hondaプロデュースによるトラックはR&B黄金期のタイトかつメロディアスなそれ。JASMINEの美声もうんと艶かしく光る、極上のヒップホップソウル。

Awesome City Club「Life still goes on」




四作目のフルアルバム『Get Set』のリリースを3月に控えるACC。その安定の完成度を今から予感させる本作は、atagiのシャイニーな高音に心躍るギターポップ。どこまでも牧歌的なモードで微笑む歌詞にも注目。

SEPTENI RAPTURES「Got Vision (feat. Shunské G & SNG)」

日本発のプロダンスリーグ「Dリーグ」に参戦するダンスチームの公式ソング。James Brownを彷彿とさせるしゃがれボイスに定評のあるShunské Gと、紛うことなきニュージャックスウィングの熱狂が大胆不敵にドッキング。これぞ、全身を揺さぶるグルーヴ。

菅原信介「ふたりのピント」

アクティブなライブ活動を続ける菅原信介の新曲は、まどろみを誘う甘美なサウンドを敷いたお気楽ソウル。ボーカルと歌詞が織り成す自由なリズムは、飄々とした彼の人となりをそのまま投影したかのような妙味。

macico & おかもとえみ「touch」

相互のチャームを引き出した納得のコラボレーション。気だるく泡立つボーカルワーク、ドラマティックな構成をはじめ胸くすぐる要素のオンパレードだが、とりわけ注目すべきはメロディ。ほのかな愁いを落とし込んだ絶妙なキャッチーさで頭の下がる思い。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP