プレイリスト

【プレイリスト】J-R&Bと平成

J-R&B史30年を凝縮!

平成から令和へと元号が変わったことを記念し、平成30年分のJ-R&B史をまとめたプレイリストを作成。バブルガム・ブラザース「WON’T BE LONG」やUAの「情熱」といったヒットでバトンを繋ぐ中、MISIAや宇多田ヒカルらの台頭によってJ-R&Bがついに沸騰したのが1998年のこと。以来、数多くのヒット曲も生まれ、J-R&Bは着実に受け入られていきました。

まさに平成は、J-R&Bという概念が誕生し、様々なジャンルとの邂逅を経て発展していった時代。各年代ごとに放つ輝きや色合いは異なるものの、それら全てが今日のJ-R&Bの源流となっています。このプレイリストを聴けば、J-R&Bがどんな音楽で、いかに魅力的なカテゴリなのかがまるっと分かる……ハズ!

<J-R&Bと平成 年号>

 

関連記事

  1. DOUBLE 『Wonderful』 女帝の円熟を感じさせる3rd
  2. 【アルバムレビュー】MAO/D 『Colors Of Love』
  3. 藤田織也「ALL MINE」ただならぬ魅力を纏う19歳のニューカマー
  4. 黒木メイサ『MAGAZINE』聴いて・読んで楽しむ一流エンターテインメント

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】倉木麻衣の”カッコイイ”おすすめ曲11選
  2. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  3. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
PAGE TOP