JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【三宅健/bane/Schuwa Schuwa】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

三宅健「Ready To Dance」



YonYonやTENDREら豪華アーティストが参加したソロデビューアルバムを経て、TOBE移籍後初となるこのシングルではSIRUPの楽曲提供が実現。三宅自身がダンスやエンタメの嗜みに長けた人物であるだけに、アップデートを打ち出すリリックや滑らかなシング&ラップといったSIRUP印の要素との相性はすこぶる良好。A.G.Oによる享楽的なトラックも、幸先の良いリスタートをギラギラと印象付ける。

bane「Change up」

2020年の音楽活動開始後、生々しい感情を歌い上げてきたbaneが次に送り出すは、RUNG HYANGとShingo.Sが制作に参加したメリハリの効いたR&Bトラック。瞬時に90年代を彷彿とさせるリズムプロダクションに対し、慌ただしい譜割りは2000年代前半に流行したそれに近く、その絶妙なバランス感覚こそが冴えたグルーヴを確立している。

Schuwa Schuwa「Taxi Driver」



こちらもクラシカルなアプローチが光る名作。紺世晃子のほんわかした歌唱と、強烈なハネを備えたサウンドアレンジがポップに同居する。薄いコーラスを敷いた前奏からして懐かしい雰囲気たっぷりで、R&Bファンなら引き込まれること請け合い。

 

▼前回のレビューはこちら。

関連記事

  1. 新譜レビュー&プレイリスト【松下洸平/claquepot/私立恵比寿中学】
  2. プロデューサーShingo.Sの魅力をキャリアと代表曲で紐解く
  3. 新譜レビュー&プレイリスト【dawgss/さらさ/草川瞬 ほか】
  4. m-flo「come again」から20年。日本の2ステップはどんな歴史を辿ったか

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】倉木麻衣の”カッコイイ”おすすめ曲11選
  2. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  3. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
PAGE TOP