JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【yama/Awesome City Club/GENERATIONS 他】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

yama「クローバー」

新鋭シンガーの1st EPより、甘酸っぱい90’sビート。

Awesome City Club「tamayura」

大ヒットが目される「勿忘」収録の3rdフルアルバム『Grower』。従来のダンサブルな所作も冴える中、冷静なツインボーカルとエレクトリックな構成の取り合わせがハイセンスなこの曲を。

森大輔 × K「MO’ KEYS!」

セッション感にも申し分のない、シンガー二名の秀逸コラボ。

GENERATIONS from EXILE TRIBE「A wish for you -キミを願う夜-」

LDHにしては珍しいUKガラージ/2ステップを下敷きにしたダンスチューン。ドリーミーな音色と、当該ジャンルならではの小気味よいメロディが印象的。

Foi「Don’t play the love song」




透明感のあるボーカルを有する日中のハーフシンガー。相手を思うがゆえの苛立ちや切実さが、浮遊感のあるサウンドと儚く溶け合う。

松尾太陽「体温」




3ヶ月連続リリースの第2弾を飾った同曲は、Omoinotakeが楽曲提供したラブバラード。真冬にふさわしいハートウォーミングなアレンジと直向きな歌い回しが決め手。

MARU「Ready for the Fire」




かつてはDRAMATIC SOULのメンバーとしても活躍したMARUが久々の新曲を発表。アフロビートのもとでほとばしる熱っぽいボーカルがとにかく快感。

k.a.n「Summer Vibe」




「なぜこの時期に夏の曲なのだろう」と素朴な疑問が浮かんだものの、楽曲が素晴らしいので無問題。波打ち際の緩やかな情景を切り取った歌詞、レトロなメロディ、そして何より力の抜けた歌声がピカイチ。

Anonymouz「足りないよ」

https://www.youtube.com/watch?v=Zmf4CQKwuJo

神秘的なオルタナティブR&B路線から一転、あいみょんの「裸の心」を思わせるアコースティックな歌謡テイストが心地よい一曲。

西山晃世「good night Lucie」




TikTok世代にも受けそうな独特の言葉選びに感心しつつ、郷愁を誘うギターリフからは往年のソウルな香りも。トラックも自作とのことで、今後なかなか隅に置けない存在になりそうな予感。

MAGICOUR「Getcha」




雑誌「Popteen」から誕生した新米ガールズグループ。T-SKやHIROMIらFuture Unison勢のバックアップにより、クールビューティーとポップな女の子像の同居に成功。

Youmentbay「1023」

山谷尚暉(Gt.Vo)とサクライエナ(Drs.Vo)で構成される2人組。バンドとしてのレンジの広さを知らしめるアルバム『Wonderland』の中でも、とりわけメルヘンな空気が立ち込めるミッドを。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP