JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【BALLISTIK BOYZ/Fukumoto Nao/HEAT_CZR 他】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

BALLISTIK BOYZ「SUM BABY」




センセーショナルなR&Bとして話題を振りまいた「Animal」以来となるニューシングル。小気味良く跳ねるシンセ、軟派かつ無邪気なボーカルワークと、夏の開放感に委ねたアプローチが魅力。ミュージックビデオと合わせて楽しめばリゾート気分がよりリアルに。

Fukumoto Nao「Shooting Star」




Corinne Bairey Raeを彷彿とさせる馥郁たるフォーキーソウル。歌うのは、沖縄県出身の若きシンガーソングライター。ハスキーな声質を活かした夢見心地の節回しは今後さまざまな楽曲で開花しそう。

U-Key zone & HEAT_CZR「Fellow」

かねてよりライブで披露されてきた勇壮なミドルトラックが待望のリリース。情感豊かなU-Key zone製サウンドに、今の時代にもリンクしたシリアスなメッセージが叫びのように響き渡る。力強くも優しいHEAT_CZRのボーカルはまさしく唯一無二。

Emyli「Eyes Wide Shut」

こちらも久方ぶりのリリース。安室奈美恵をはじめ名だたるアーティストのボーカルディレクションを務めてきたEmyliだが、本人の歌唱力も無類の素晴らしさ。とりわけ、本作のサビで訪れる悲壮的な没入ぶりには気高さすら覚える。

Aimjay「Weekend (feat. TSUGUMI)」

音楽プロデューサーJoe OgawaとシンガーMASAYAからなる音楽デュオのアルバム『Re:START』に収録。客演にSOULHEADのTSUGUMIが参加。アンニュイな低音と艶っぽいファルセットを使い分けるMASAYAの柔軟さが心憎い。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP