JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【藤井風/NAO AIHARA】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

藤井風「まつり」「やば。」「ガーデン」




圧倒的クオリティの2ndアルバム『LOVE ALL SERVE ALL』から今回は3曲を選出。和情緒と俗っぽいヒップホップサウンドの融合が風流なリード曲「まつり」、緩急をつけた節回しでメロウな魅力を広げる「やば。」、「優しさ」にも通ずるドラマティックな進行に心奪われるバラード「ガーデン」。いずれも、彼独自の繊細な言葉選びと歌唱センスによって温かく織り上げられた傑作で、J-R&Bそのものの価値観をも華麗にアップデートしていくだけの革新性に溢れている。Yaffleとの気の置けないコンビネーションも含め、あらためて、至極。

NAO AIHARA「lighthouse」




エイベックスとテレビ東京が共催のオーディション企画から登場した女性シンガー。世界的プロデューサーのSOCIAL HOUSEが手がけたサウンドは、パートによってEDMやトラップなど様々なジャンルへ転換するオントレンドな仕様。ミュージックビデオではハードなダンスシーンもこなしているあたり、広い意味でのエンターテイナーとして活躍が期待できそう。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP