JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【サカナクション/エス・ティ・ワイ/KAT-TUN ほか】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

サカナクション「月の椀」




「ショック!」に続く偉大なるキラーチューン。ディスコティックな電子音に跨り、したたかに目指すは中毒の彼方。気づけば口ずさんでいるのが悔しい。

エス・ティ・ワイ「ずるいなベイベー (feat. Zinee)」




Zineeとのデュエットに興じるリズミックなアップ。レモンを絞った瞬間のようなみずみずしさ全開のメロディにときめきはノンストップ。春です。

KAT-TUN「Honey on me」

甘美なストリングスプレイと艶かしいボーカルのドッキングが妙味。今回のアルバム『Honey』は他にも活きの良いダンスチューン揃いでまさしく面目躍如。

Bleecker Chrome「Four Seasons」




本曲収録のアルバムも秀逸。藤田織也ことKENYAの伸びやかな歌唱は、90’sアプローチを前にしても堂々たるクオリティ。

BoA「make a secret「make a secret (The Greatest Ver.)」

日本デビュー20周年を記念したセルフカバープロジェクトの一作。彼女のシングルきっての肉感的なミディアムがよりR&B然とした質感に生まれ変わって嬉しい限り。

Misato Ono「sayonara」

SIRUPらを擁するレーベル所属の女性シンガーソングライター。アコギの繊細な情趣が心地よいまどろみを誘う。「Sayonara」の発音、符割りがキャッチーで好き。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP