JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【NOA/BananaLemon/星野源 ほか】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

NOA「It Ain’t Over」




前のめりなヒップホップトラックで世に蔓延るヘイトを一蹴する連続リリース第二弾。この負けん気の強さはなかなかの新機軸では。

BananaLemon「New Moon」

三人体制となって初となるシングル。UNI-Qreativesの関与も後押しし、全員が水を得た魚のようにR&Bを謳歌する切なくも刺激的なミッドに。

星野源「喜劇」




「Snow Men」を思わせるプリミティブなバラード。ささやかな幸福を紡ぐ歌詞とメロディに宿る品格、そして悠然たるファルセットの三位一体が美しい。

Rilla Nero「Favorite Film」

ジャパニーズPBR&Bの最先端とも言える深遠な音像は元より、メロウに脈打つ芯の太いボーカルもしっかりと眩い。現時点で情報が少ないアーティストだが、ぜひ今後も積極的にリリースを。

YUTO & FiJA「Dig n Feel」

日本とフィリピンをルーツに持つ気鋭の女性シンガーFiJAが、持ち前のスムースな歌声を羽ばたかせる絶品UKガラージ。

後藤輝基「Cat-Walk Dancing」

KASHIFがアレンジを担当したWinkのカバー曲。アンニュイなボーカルとギラギラした電子音の妙はもはや官能的な境地。「フット後藤が歌唱……?」と訝る人ほどそのクオリティに目を覚ますはず。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP