インタビュー

【インタビュー】mochA、シングル「ジルコニア」で見せる素顔

泣く子も黙る驚異的な個性で、昨今大いに話題を振りまいている作家兼シンガーソングライター:mochA。2009年末のデビュー直後からひた隠しにされ様々な憶測を呼んでいたビジュアルも、最新シングル「ジルコニア」の発表に合わせて先日ようやく公開される運びとなり、その何ともチャーミングな素顔に、ファンからは早くも歓喜と驚きの声が上がっている。この”リアルmochA、解禁”のタイミングを受けて、大のmochAびいきでお馴染み(?)の当サイトも遂に、彼女への取材を敢行することが出来た。未だ明かされていない彼女の人間味溢れる本質と、次から次へと小気味良く繰り出される発言は、開けてビックリ玉手箱な発見の連続でさすがの一言。想像以上に突出したワン&オンリーなmochAワールド、『Japanese Black Style』独占のロング・インタビューをもっていざ、お届けするとしよう。

▼あわせて読みたい

ここら辺でそろそろ路線を正しておきたかった


ーービジュアルを初めて公開されましたが、反響の方はいかがですか?

mochA:想像以上にそれを待ってくれている人がいて、本当に嬉しかったです!こんなに反響がもらえるとは思っていなかったので、ビックリしてます。

ーーこのタイミングで解禁したのはなぜですか?

mochA:これまでもあえて隠れていたわけではなかったんですが、7月にあった『Advent of UKZ』のリリースパーティーで自分の姿をお披露目したのがタイミング的にも大きなきっかけになって、それ以降はアー写を出そうと決めました。一回みんなの前に出て実態も確認されているのに、また目ん玉(のジャケット)に戻るのはおかしいんじゃないかと思って(笑)

ーー今回のビジュアル・イメージは?

mochA:“素肌感”を意識しました。皆さんmochAに対して、色んなイメージや妄想を膨らませて来られたと思うんですけど、中には“作り込まれた化け物”みたいなのを想像してた人もいるかもしれないし(笑)、そういった誤解も招きつつあると思ったので、「そうじゃないよ、こっちだよ」って、ここら辺でそろそろ路線を正しておきたかったんです。それに、もっとmochAのことを知ってもらいたいという気持ちもあったので、実態を見せることによって、その入り口がより広がるんじゃないかなと思ったんです。

U-Key zoneとの関係性


ーー経歴に関してもお聞きしていきたいのですが、そもそもなぜ、アーティスト名を“mochA”と名付けられたんですか?

mochA:高校のとき関西で3MC1シンガーのグループを組んで活動していたんですが、当時は周囲から「モモちゃん」と呼ばれていて、私ひとりだけアーティスト・ネームがなかったので、ある日メンバーのみんなと決めようって話になったんです。で、そのときにメンバーの一人が、紙に“MOMOCHAN”とローマ字で書かれてあるのを見て「じゃあ“MOCHA”の部分を取ってmochAでいいやん」と言い出したのがすべての始まりで(笑)

ーーへえ、じゃあそこからなんですね、mochAという呼び名がついたのは。

mochA:そうです。当時は焼けてたんで、小麦っぽいイメージもあって良いなと(笑)

ーープロフィールに「16歳からソングライティングを始めた」ともありますが。

mochA:そのグループで活動するようになってから、自分の曲を書き始めました。超ナチュラルに、ごく自然と始めたから、「作っていた」という意識自体はあまりないんですけど。

ーーご自身の音楽性は、当時から変わったと思いますか?

mochA:リリックの感覚は全く変わっていないと思うんですけど、プロとして仕事させてもらうようになってからは自分の求めるものが多くなったし、理想も果てしなく高まったので、そこに自分が達しなければいけないという気持ちは今すごくありますね。

ーーU-Key zoneさんとは長いお付き合いだと思うのですが、出逢いはいつ頃だったんですか?

mochA:先ほどのグループのメンバーたちが、上京してからU-Key君とDEMOを何曲か制作していて、その中の曲に私が参加したのがきっかけで、まずU-Key君にmochAという認識が出来たんです。その時点ではまだ会ったことがなかったんですが、大学卒業後に私も上京して、初めてU-Key君とリアルでリンクしました。出逢った当初からガッチリ一緒にやらせてもらっていて、当時はひたすらハイペースでDEMOを生産していました。そして今に至るわけなんですけど、、U-Key君に関しては、とてもこの短い時間では語れないです(笑)

ーーデモはどのくらい制作されたんですか?

mochA:30、40はあったと思います。で、その中の誰にも使われていなかったいくつかの曲を、『WARNING』で私がやらせてもらった形です。

ーーそのアルバム『WARNING』で、特に好きな曲を挙げるとするならどの曲ですか?

mochA:それぞれに想いがあって、同じレベルのクオリティだから、どれが好きといわれても決められないんですが・・・強いて言うなら「アンバランス」かな。あの曲は私にとって死ぬほど格好いいんですけど、あまり注目を浴びていない気もするので、もっとみんなに聴いて欲しい!(笑) あとは、U-Key君が全体的なバランスを考えて選んでくれた「Lonely City」。あの曲はもう・・・最高ですよ(笑)

ーーちなみに僕は「Black■Box」が大好きです!

mochA:「Black■Box」はみんなが好きって言ってくれますね。特に女の子はすごく共感してくれるみたいで。

固定ページ:

1

2

関連記事

  1. 【シングルレビュー】青山テルマ「大っきらい でもありがと」 / RSP / BENI
  2. 【アルバムレビュー】加藤ミリヤ 『Rose』
  3. 【アルバムレビュー】中島美嘉 『VOICE』
  4. 【アルバムレビュー】加藤ミリヤ 『BEST DESTINY』

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】倉木麻衣の”カッコイイ”おすすめ曲11選
  2. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  3. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
PAGE TOP