JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【佐藤千亜妃/LAGHEADS/TAKLO ほか】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

佐藤千亜妃「タイムマシーン」



宇多田ヒカル「Automatic」のサンプリングは単なるインパクトにとどまらず、爽やかで儚い恋愛抒情を盛り上げる装置としても抜群に機能。R&Bとポップスを塩梅よく混ぜ合わせたサウンドからも、世紀の歌姫への多大なるリスペクトが感じられる。

LAGHEADS「またね (feat. HIMI)」

数多のアーティストのライブやレコーディングを請け負ってきたミュージシャンたちによるバンド、LAGHEADSの2nd EPより。前作にも参加のHIMIを迎えたスロウなソウルナンバーで、”いやし”の三文字を即座に覚えるミックスボイスと悠然たる演奏が卓越したケミストリーを発揮。

TAKLO「キリがねーよ」

ライブに制作にと精力的なアウトプットが目覚ましいシンガーソングライターのオリジナル作。恩着せがましい価値観を一刀両断するリリック、そして緻密に絡まるボーカルワークが非凡な清々しさを運ぶジェットコースター型アップ。claquepotあたりが好きな人にはたまらないであろうクリエイティビティ。

Katorina「Change」

宇都宮を拠点に活動する女性シンガーが1stシングルを発表。煙草を燻らすサグいジャケットとは裏腹に、楽曲そのものはR&Bを基調にしたオーセンティックな歌ものスタイル。ボトムが効いたフロア仕様のトラックに温かな歌声が溶け合う様は、例えるなら少し早い春の気配。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

関連記事

  1. 新譜レビュー&プレイリスト【向井太一/Fukumoto Nao/ももいろクローバーZ ほか】
  2. 新譜レビュー&プレイリスト【Furui Riho/岩田剛典/TonyGumbo ほか】
  3. 新譜レビュー&プレイリスト【UA/松下洸平/佐々木佑紀 ほか】
  4. 新譜レビュー&プレイリスト【Ayumu Imazu/黒沢薫/G/amm ほか】

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】倉木麻衣の”カッコイイ”おすすめ曲11選
  2. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  3. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
PAGE TOP