JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【Boutique Music & ぷにぷに電機/星野源 ほか】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

Boutique Music & ぷにぷに電機「After Fizz」

ゲーム音楽家として知られるkors kの新名義、Boutique Musicのアルバム『Boutique Music Vol.1』に収録。ホーンを取り入れた快活なハウスサウンドを、ぷにぷに電機が哀愁たっぷりのボーカルでデコレーション。ひとたび聴けば夜のハイウェイはすぐそこ。

星野源「異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ)」



映画『ゴーストブック おばけずかん』主題歌ということで、因習的な側面にも目配りしながら子ども心をストレートに刺激するアップナンバーに。だが、そこは我らが星野源。緻密なコーラスワークや<だけど 生きた人よりは 怖くないよ>など真理を突くリリックによって、大人もいろんな意味でドキッとさせる妙技を確立。

門山葉子「Catching My Love」



タレント、女優、歌手とマルチに活躍する門山葉子。ミュージカルでもキャリアを積んでいるだけあり、歌声そのものがとても骨太で抜けも良し。転調を重ねるポップかつグルーヴィーな構成も、表現力豊かな彼女のスキル演出に一役買っている。

NGONG「Rebirth (feat. 11 & Ronee)」

沖縄出身のビートメイカーNGONGが新EP『MOOD』を発表。女性シンガー11のナチュラルな美声際立つ本曲をはじめ、深遠かつ優雅なR&Bトラックが軒を連ねており、派手さこそ控えめなもののじんわりと心に響く作品集に。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP