JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【tonun/笠原瑠斗/ELAIZA 他】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

tonun「d.s.m」




連続リリースを続けるtonunが、ディスコティックな新境地に飛び込んだのがコチラ。ブレスを多く含んだダウナー志向の歌唱が抜けの良いダンストラックに絡む面白さ。まさに彼の面目躍如を体現した仕上がり。

笠原瑠斗「bedroom」

ニューアルバム『Luck&Peace』の終盤をしっとりと彩るは、かねてよりライブで親しまれてきた濃密スロウ。グループ顔負けの重厚なコーラスが広がるフック部分では、純粋な愛情表現とほのかな切なさが優しく混ざり合う。

ELAIZA「AYAYAY」




女優/モデルとしてすでに絶大な存在感を誇る彼女。その非凡たる個性はマイクを握っても健在で、Yaffleプロデュースの本作ではオルタナティブを極めた妖しいサウンドのもと、すこぶる優雅な泳ぎを見せる。

yukaDD(;´∀`) & was@bi shock「ナイトドライブ」

トラックから芳醇に香り立つ王道にして率直なR&Bマナーがまず好感。前向きなメッセージを力強く押し出していくボーカルにも”伝える覚悟”が見て取れ、惚れ惚れすること請け合い。

et-アンド-「Newton」

数多くの著名アーティストの楽曲を引き受けてきた菊池一仁がプロデュースする4人組ガールズグループ。品行方正なアイドルポップかと思いおきや、トロピカルなノリで戯けるサウンドワーク、凛としたボーカルなど意表を突く好要素が多く、なかなか侮れない。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP