JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【Ayumu Imazu/黒沢薫/G/amm ほか】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

Ayumu Imazu「Butterfly」




ついに放たれた1stフルアルバム『Pixel』は、彼のトレードマークであるダンサブルなキャラクターが映える秀作に。中でも、ニュージャックスウィングのリズムを敷いた本楽曲で見せるきわめて紳士的な身のこなしには惚れ惚れする。

黒沢薫「Honey」




7年ぶりとなるソロ作品『All U Need Is Luv』の一曲目を飾るナンバー。Shin Sakiura製の心躍るサウンドに乗せ、目を瞠るほどのポジティブな愛情を歌い上げる。例によって華麗な歌声が炸裂しており、曲名よろしくスウィートな余韻を運んでくれる。

G/amm「共犯者 (feat. 内海大輔 & Saarah)」




MiiとSHUNSUKE TAKAIを迎えた「Love me」など、今年に入ってすでにデュエットものR&Bの名作を生んでいるG/amm。フレッシュな組み合わせとなった本作でもその腕を遺憾無くふるい、スリルも立ち込める”大人の切なサウンド”を確立した。

Daiki Blunt「Runnin’」

¥ellow Bucksへの客演でも知られる愛知のR&Bシンガー。音色こそ今様のメロウネスを纏ったそれだが、そこはかとなく2000年代の空気を感じるのは、R&Bという一つのカルチャーを存分に吸収した彼の歌唱の賜物。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP