JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【佐藤千亜妃/Tokyo Gal/YAMORI ほか】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

佐藤千亜妃「PAPER MOON」




「夜の片隅」をテーマに掲げたEP『NIGHT TAPE』収録の好ミッド。多くを語らないながらも様式的な美しさを放つMori Zentaroによるトラック、そして力の抜けたラップと歌声を浮遊させる佐藤の繊細な表現が光る。

Tokyo Gal「Right or Wrong」




次世代ラッパーとして頭角を表しつつある彼女だが、歌に専心する姿もまた筆舌に尽くし難い。PBR&Bの深遠さとゴスペルライクなスケールを合わせ持つ独特のプロダクトも、葛藤を乗り越えて愛と向き合うまでの過程を凛と描き出す。

YAMORI「フレア feat. HIRO」

北海道のヒューマン・ビートボックス・ユニット、RofuからHIROを招いた配信シングル。今にも消え入りそうな歌声が、それを繋ぎ止めようとせんばかりに躍動するリズムによって危うげに加速していく。終始不穏だが、妙な色気も感じる一曲。

iScream「恋するプラネット」




80年代ディスコポップを下敷きにした明快なサウンドワークと恋する直向きさにあふれたメロディ。これでときめかないわけがない。LDH所属のガールズグループらしい攻めた姿勢も確認できるのがまた心憎い。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP