JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【Mirage Collective & STUTS/三浦大知 ほか】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

Mirage Collective & STUTS「Mirage」




長澤まさみ主演の月10ドラマ『エルピスー希望、あるいは災いー』主題歌。STUTSが牽引した各プロダクトは、かつての「Presence」シリーズのごとく言い知れぬ哀愁と高度な感動を連れてくる。ボーカリストの情報をはじめ、謎の要素を残しているので今後の動きを楽しみに。

三浦大知「いつしか」




「Antelope」で表現した無償の愛と、「世界(『球体』収録)」にも通ずる重厚なサウンドワークを携えた純真無垢なメッセージソング。2コーラス目のサビを終えてからの展開は「これぞNao’ymt!」と膝を打つ孤高の船出感。

鞘師里保「Stupid」




K-POPシーンでも活躍する海外作家を起用したアルバム先行曲。サウンドとボーカルが滑らかに同化するオントレンドな構造にはR&Bのエッセンスも積極的に取り入れられ、ソロデビュー開始直後とは明らかに異なる気概が感じられる仕上がりに。

竹内アンナ「made my day (feat. 黒田卓也 & Marcus D)」




ジャズトランペッターの黒田卓也とビートメーカーのMarcus D、二名の世界的ミュージシャンが参加。彼女自身による身軽なラップシングも合わさり、一日の始まりを愛らしく演出するソウルチューンに。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP