JBSGROOVE WEEKLY

新譜プレイリスト&レビュー【SIRUP/s**t kingz/川畑要 他】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

SIRUP「Trigger」

早くもクラシックとの呼び声が高い新作アルバム『cure』より。湿り気を帯びたR&Bの真髄にして、歯切れの良い歌いっぷりが新鮮さも運ぶ名スロウ。

TOM CROZAKI「TOM&CHERRY (feat. Alice)」

「MINGO」以来となるAliceとのコラボ作。両者の誘惑的なボーカルがまどろみへと導くスウィートなトラップR&B。

s**t kingz「On my side feat. issei」




”見るダンス映像アルバム”という画期的な趣向で話題を呼んだアルバム『FLYING FIRST PENGUIN』がついにサブスク解禁。数々の客演を迎える中、オールドスクールなダンスポップを歌うのは、R&Bの注目株、issei。

keita keith「In Ya Atmosphere」




ウェットな展開から一転、フックではエレキギターの音色が力強さをもたらすメリハリの効いた構成。抜けの良いスムーズな歌声も相変わらず素晴らしい。

FANTASTICS from EXILE TRIBE「Play Back」




「High Fever」に続く80’sリスペクトのダンスチューン。ユーロビートがこうもスタイリッシュにアップデートされると、リスナーとしては手放しで喜ぶほかなし。

FAKY「99」

東海テレビ・フジテレビ系全国ネット オトナの土ドラ『リカ 〜リバース〜』主題歌。ダークな爪を尖らせた個性派 トラックは元より、女の焦燥が渦巻く歌詞もうんとスリリング。

川畑要「NO LIMIT」




2021年第一弾シングルは、「Let’s Say I Do」を彷彿とさせるアップリフティングな上昇志向ソング。和田昌哉と上條頌が関与しているほか、ミュージックビデオではダンスも披露するなどトピックも満点。

當山みれい「春夏秋冬 reprise」

着うたでも大ヒットを記録したHilcrhymeのヒットチューンを當山みれいがリメイク。恋人との思い出を振り返るハートフルな世界観は、彼女らしい健気さ全開。

Citrus in the rain「キラキラナイトミュージック」

音と映像を通して新時代のシティポップを表現するユニット。ジャズの要素も感じさせるムーディーなトラックに合わせて、nacoの愛らしい歌声が揺れる。

RYOEM「曖昧なままに」




素朴なラップシングが印象に残るミドルチューン。巷を賑わせるチルアウトのマナーに則った上品な味わいにほっこり。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP