JBSGROOVE WEEKLY

新譜プレイリスト&レビュー【YUKI/Ymagik/さかいゆう 他】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

YUKI「Baby it’s you」




4月リリースの10thアルバム『Terminal』からの先行シングルは、ギターカッティングが軽やかなリズムを刻むポップミドル。制作には安室奈美恵「Love Story」などで知られるT-SK、TESUNG KIMらが参加。エレクトロな魅力が冴え渡る両A面の「My lovely ghost」も聴き逃すべからず。

Ymagik「Stupid」

冒頭のポエトリーリーディングが画期的。歌詞全体もシリアスな文学調で、R&Bの枠組みだけで解釈すると少々もったいない一曲。

さかいゆう「嘘で愛して (Tell Me A Lie)」




美しい歌声をクリーンなサウンドが包み込む珠玉作。サビでは切迫した思いと、シンセによる残響の意匠が強烈なコントラストを発揮。

武田恵美「Close The Door」




Shingo.Sプロデュースによるシングル第三弾。諦観に満ちたロートーンボイスが後を引くハイクオリティな現行R&B。

米澤森人「春風は君のもの」




先述したYUKI「My lovely ghost」の作曲も手がけているシンガーソングライターの配信シングル。穏やかな歌唱と、EDMなどを通過した洗練度の高い音遣いに心は躍るばかり。

DJ RYOW「Killin’ Me (feat. KIRA, DABO, Tina)」


豪華メンツが参加したニューアルバム『Still Dreamin’』の中でも、E.R.I.参加の「FEVER」と並んでR&B濃度が強い一曲。Tinaのデビュー作「I’ll be there」をサンプリングしたトラック乗せ、愛のすれ違いを三者三様に描く。

L-Baby「2Am」


pinokoやkojikojiと同時代性を共有しつつ、よりグルーヴィーな歌い回しを得意とする新鋭シンガー。ねっとりとしたムードをアピールするこの曲はR&B好きへの訴求もばっちり。

AKINO with bless4「your eyes, our years」

「創聖のアクエリオン」で知られる4人兄妹ユニットのベストアルバムから、完全新曲のこちらを。みずみずしいゴスペル要素、JAMOSAライクなメインボーカル、ドラムンベース調のリズムなど、ナメてかかれない唯一無二の世界観。

OHTORA「アイリーアイ」

ラップと歌の合わせ技でチルミュージック界の注目株に君臨する彼が、キャリア初となるアルバム『EMPTIE LAND』をリリース。素朴な味わいを運ぶこの曲をはじめ、あらゆるジャンルからインスパイアされた野生的なクリエイティブが炸裂。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP