JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【清水翔太/RIRI/DURDN 他】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

清水翔太「Lazy (feat. ASOBOiSM & Kouichi Arakawa)」




最新アルバム『HOPE』収録曲。男の弱さ、無情さにフォーカスを当てた清水翔太お得意の作風で、コラボレーション募集企画を通過した二名のアーティストが客演で参加。とりわけKouichi Arakawaの端正な美声は嬉しいサプライズ。

RIRI「Luv Dejavu (Japan Ver)」




英語バージョンと同時リリースされたRIRIの新曲。ファンシーな雰囲気を引き連れるサビのメロディをはじめ、愛らしいファクターが麗しいボーカルとの相乗効果によってポップに弾ける。

DURDN「Vacation」




注目の韓国籍シンガーが、チルい佳曲尽くしの素敵EPをリリース。タイトルトラックの本作は、うだるような暑さのリアルとそれゆえの享楽を切り取ったスムースダンサー。キラキラと照り返す上質なサウンドをゆるく乗りこなす様はいかにも彼らしい。

今市隆二「THROWBACK pt.2」

2018年発売のアルバム『LIGHT>DARKNESS』に収録された「THROWBACK」の続編を、同じプロデューサーのSTYとともに制作。ニュージャックスウィングから一転、日本の男性作品には珍しいマイアミベースを展開し、清涼感とレトロな情緒が一挙両得できる珠玉の仕上がりに。

武田恵美「Summer Time」




Shingo.SとRUNG HYANGが携わった眠れるサマーR&B。寂しげに揺れる歌声の持ち味が、夏という季節の泡沫性と合わさって深遠な癒しを運ぶ。The Stylisticsの某曲が頭をよぎるリリックも魅力的。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP