JBSGROOVE WEEKLY

新譜プレイリスト&レビュー【宇多田ヒカル/三浦大知/DEAN FUJIOKA 他】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

宇多田ヒカル「One Last Kiss」




『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』主題歌。身を絆されるほどの激しい欲望が、厳かなエレクトロニカと馥郁たる歌声によって静かに加速していく。

三浦大知「Backwards」




80’sテクノの世界をNao’ymtらしくアレンジ。次世代の可能性に満ち溢れたアッパー。

DEAN FUJIOKA「Take Over」




『Shelly』以来となるCDシングルの表題曲は、春らしい開放的なムードを湛えた切れ味鋭いアップチューン。小気味よくバウンドするサビが彼の勢いを体現する。サウンドプロデュースは、EXILE THE SECONDやlolにも楽曲提供を行うES-PLANT。

芹奈 & かれん「魅せられて(エーゲ海のテーマ)」

ジュディ・オングの大ヒット曲をLittle Glee Monsterのメンバー二名が優雅にカバー。プロデューサーに松尾潔、サウンドアレンジにはMANABOONと、メロウに明るい面々が参加。

Emi Tawata「大人になりたくて」

幼年期の自分との対話をテーマにした素敵ミディアム。ピアノとリズムが主体のシンプルな構成ながら、ボーカルニュアンスの微妙なチューニングが楽曲に自然な奥行きをもたらし、ストーリーが”よく見える”仕上がりに。

Sala, FLEUR & 熊井吾郎「Bossa」

その名の通り、ボサノヴァ特有の揺らぎを忍ばせたリビングルームR&B。SalaとFLEURによるスムースな掛け合いが聴きどころ。

Lazy Planet「Your love」

大阪出身の若き女性シンガーの初EPから。Summer Walkerらを彷彿とさせるリラクシーなR&Bの提示は元より、可憐に曲線を描くボーカルに輝かしい個性を確認。

MEIRI「MISTAKE (feat. KAITA)」




かつて別名義で活動していた女性シンガーが、ヒップホップ的感覚も持ち合わせたミニマルなラブソングをドロップ。活躍が注目されるKAITAを客演に招いている点もポイント高し。

[Meteor]「Yes, No, Maybe So (feat. Chronostasis)」

同じく三人体制で活動するChronostasisとのコラボ作品。Elliott Yamin「Wait For You」など、史上のウェットな名曲を想起させる全英語詞のスロウナンバーで、自在なフェイクが飛び交う終盤はR&Bファン悶絶の出来。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP