JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【AI/BURNABLE/UNBURNABLE 他】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。


Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

AI「THE MOMENT (feat. ¥ellow Bucks)」




東海のラップスター、¥ellow Bucksを客演に迎えた配信シングル。持ち前の飾らない言い回しを作用させながら、現代におけるメンタルヘルスの尊さを誠実に訴求。フロアが恋しくなるリラクシーな質感のトラックも奏功し、単なるメッセージソングで終始しない娯楽性に富んだ仕上がりに。

BURNABLE/UNBURNABLE「誰かのふりはもう飽きた」




「あなたの捨てたい感情をも肯定する」がコンセプトの音楽プロジェクト。現行ヒップホップを意識した不穏なシンセが立ち込める中、念仏のようなくぐもった述懐が炸裂。そしてサビでは急転、しなやかなハイトーンボイスが甘美な叫びを聞かせるというメリハリの効いた構成。

菅原信介 & 6th Generation「プラクティス 〜S mind添え〜」

TOKYO CRITTERSのメンバーとしても知られるシンガーソングライター菅原信介と、DJ・ビートメイカーの6TH GENERATIONがコラボレーションアルバムを発表。予測のつかない自由なフロウを得意とする菅原の熱唱が存分に生かされた、目眩くディスコトラックを代表して。他の楽曲も総じて素晴らしいので、ぜひアルバムのチェックを。

アツキタケトモ「おとなげ」




普遍的でありながらハッとさせられるワードセンスを持つ彼は、コンスタントなリリースぶりが目を引く新進気鋭の自作自演家。学生から社会人へのステップ、言わば最後のモラトリアム期間にクローズアップした生々しい内容と、感傷的なメロディがすこぶる好相性。

Miyone「I’m crazy」

ボイストレーナーとしても活動する福岡県出身の女性シンガー。先達の歌姫たちに倣ったであろうたくましいボーカルスタイルが魅力的。サウンドはエレピ主体のいたってシンプルな装いだが、歌声を引き立てる要素として十分な機能を果たすばかりか、快眠効果もありそうで隅に置けない。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP