インタビュー

【インタビュー】mochA、シングル「ジルコニア」で見せる素顔


▲mochA「ジルコニア」ジャケット

「ジルコニアというテーマが、この曲とジャケットを待ってたんや!」


ーーシンガーとソングライター、二足のわらじを履いていらっしゃいますが、やはりどちらに挑むかによって構え方は違いますか?

mochA:違いますね。mochA名義の作品だと、自分が言いたいことを自分でしたいように表現するから自由なスタイルで出来るけど、他の方に提供する作品に関しては、誰が見ても美しくあって欲しいというか、形として100点でありたいので、総合的なバランスを自分の作品以上にめっちゃ意識しています。

ーー作詞をされる上で心がけていることは?

mochA:譜割りや響き、言葉の引っかかりには強くこだわっています。どんなに無機質な曲調でも、言葉の引っかかりって大事だと思うんです。あとは感覚で「ここが気持ち良い!」っていう言葉選びを常に心がけるようにしていますね。

ーー歌詞のシチュエーションも毎回凝っていますよね。たとえば、ご自身名義の「TAG」では鬼ごっこ、「DNA☆」に至っては宇宙人との恋愛など、他の人がなかなか思い浮かばないようなアイデアだと思うんですが、こうしたインスピレーションの源は何だとお考えですか?

mochA:インスピレーションというか、比喩ですね。ただの喩えであって、実生活の話だから。

ーーえっ!?(笑)

mochA:たとえば人にその体験談を話すときに、さすがに「宇宙人と恋愛してる」とは言わないけど、自分にとってはそう見えていて、完全にそれ同然の世界なんです(笑) あえて人に言わないことであったり人に見せない日常であっても、曲だと形に出来ちゃうので。

ーー壮大な日記、みたいな感じですかね(笑)

mochA:そんな感じかな(笑) mochAの歌詞ってまんま自分自身だから。口調とかもありのままの自分で、素過ぎるんじゃないかと感じるぐらい(笑) だから、人によってはむしろ新鮮に映るのかも。たとえば歌詞を朗読してみると、割と普通に感じるかもしれないです。(冷静に)「さて、どちらにしようかしら。」「逃げても無駄よ。私はてごわい。」みたいな(笑)

ーー(笑) 普段はどういった手順で作詞をされるんですか?

mochA:あらかじめテーマをいっぱい書き溜めていて、曲を頂いたときに、それに合うテーマを当てはめています。そこでマッチしたら、それから具体的な歌詞や譜割りを考えていくという感じ。だから先に歌詞を作ってから曲にはめていくというのは絶対に無理ですね、ぐちゃぐちゃになっちゃうから。

ーーではいよいよ、最新作「ジルコニア」について触れていこうと思うのですが、ズバリ、コンセプトは?

mochA:そのまんま、ジルコニア(笑)

ーーなるほど(笑) ジルコニアというキーワードから広げていったと?

mochA:状況がジルコニアみたいだなーって(笑)

ーー本作が出来たいきさつを教えて下さい。

mochA:今回初めて撮ったアー写の仕上がりがものすごく良くて気に入っているんですけど、元々発表する予定だった曲とはちょっと合わなくて、そこからU-Key君がまた新しく作ってくれた曲がこの「ジルコニア」です。あらかじめ“ジルコニア“というテーマを溜めてあったんで、「この曲ならこのテーマだよね」と思い歌詞を書いてみたらピッタリで。ジャケットも、人工的な感じでちょっとジルコニアっぽいでしょ?王冠やネックレスも、よく見るとすごくチープなんです。あまりにフィットしたので、まさに”ジルコニア“というテーマが、この曲とジャケットを待ってたんや!って思いましたね。

悪の大魔王ジルコニア


ーー前作の「TAG」然りですが、今回も着眼点がものすごく強烈ですよね。

mochA:確かに、着眼点は面白く見るのが癖になっているかも(笑) かと言って、別に刺激的な日常を送っているわけでもなく、ただ日常の中にある小ネタを探すのがすごい好きなんですよ。世の中のモノって、いちいち面白かったりするじゃないですか。そういうのを、喩えているだけなので。

ーーちなみに、歌詞を読ませて頂いて、真っ先に思いついたのが「おとぎ話」というワードでした。

mochA:そう言ってくれる方、何人かいました。実際にそういう視点で見たら分かりやすくなると思うし、そこから開けてくるものも多いと思います。

ーーこれまでになかったポップでキュートな曲調ですが、歌ってみていかがでしたか?

mochA:すごく楽しかった!今の自分のテンションとも凄く合ってたんです。歩きたくなる曲、延々と!(笑)

ーーこれまでの楽曲で、もちろん良い意味ですが病的な世界を見せられてきたこともあって、「ジルコニア」というタイトルを見た瞬間に、勝手に暗黒的なイメージを膨らませてしまいました(笑)

mochA:悪の大魔王ジルコニア!みたいな?(笑)

—そうそう!(笑) そういう意味でちょっと怖かったんですけど、いざ聴いてみると突き抜けるようなポップさで。色んな意味で打ち破りましたよね、この曲は。

mochA:よかった。実態とのイメージを合わせる時期に差し掛かって、この曲もまさにそうあるべき楽曲だったので、無事に達成出来て嬉しいです。

ーー今回こうしてビジュアルも公開されましたし、今後は公にファンと触れる機会も多くなっていくのではないですか?

mochA:そうですね。ライブも、機会を見つけてやっていきたいです。こないだの『Advent of UKZ』のリリパでファンの方と実際お会いできて、表に出ず裏でコソコソ作ったりしているときには気付かないことが分かったり、自分のことを求めてくれる人がいるっていうのもむしろ新鮮で、「なら私ももっと頑張ろう!」っていうモチベーションに繋がったんです。志ばかりが高くなっちゃって不安な部分も多いのですが、ライブを見に来てくれる方に期待外れだと思われないよう、自分が作り上げている理想を、これからは人前でもしっかりと表現していけるようになりたいです。

◆mochA◆
神戸出身。大学卒業と同時に上京し、楽曲提供及びデモ制作を本格的に開始。
MOMO “mocha” N.の名義で、これまでに安室奈美恵、黒木メイサ、三浦大知らトップ・アーティストたちの作品を数多く手がけている。2009年12月にmochAとして、iTunes Music Store 限定配信のEP「mochA presented by electreet」をリリースし、シンガーデビュー。2010年4月には、アルバム「WARNING」で初のCDをリリースを果たす。2010年8月からは、相棒的存在であるプロデューサー:U-Key zone主宰のアルバム・シリーズ「Advent of UKZ」にも参加している。2011年2月には、「TAG」を配信リリース。鬼ごっこを題材にした独創的な歌詞が話題を呼んだ。

固定ページ:
1

2

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP