JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【Ochunism/Foi/熊本エミ ほか】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

Ochunism「夢中」




メジャー第一弾シングル。鍵盤のリフや感情豊かなボーカル、そして極めてレトロな余韻を残す詞表現が都会の情緒をシュールに映し出す。

Foi「Nobody Else (feat. VivaOla)」




Foiのラブコールによって実現した魅惑のR&Bコラボ。両者のアンニュイな成分が想像以上に相性良好でニヤリ。

熊本エミ「I’m Not Just A Girl」

『THEカラオケ★バトル』出身、弱冠13歳の女性シンガー。☆Taku TakahashiやSWEEPらによって制作されたダンサブルなトラックを圧倒的歌唱力で乗りこなす様は痛快そのもの。

[Meteor]「Magnetic (feat. Nao’ymt)」




JUNが参加した「Not Again」に続き、JINEからNao’ymtとの共演がついに実現。彼がフリーダムにフェイクを展開する希少性も含め、R&B特有の気高さ、麗しさを堪能できる贅沢この上ない仕様。

及川光博「気まぐれラプソディー」




ミッチーの最新作『気まぐれサーカス』より、洒脱なポップネスを携えたニューディスコを。Prince愛ほとばしる「PARANOIA」など、他のアルバム曲にも負けず劣らずの快楽性。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP