JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【藤井風/tonun/MALIYA 他】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

藤井風「燃えよ」




無観客で行われた日産スタジアムでのピアノ弾き語りライブが大きな話題を呼んだ藤井風。公演終了後まもなくしてリリースされた本作は、開催場所も巡り合わせもあってかスポ根モードを携えた目覚ましい鼓舞ソングに。劇的に変容していくサウンドや硬軟自在な歌唱など、今回も自らの到達点を塗り替え得るトリッキーな要素が満点。「この風のって 進め先へ」の一節も、ダメ押しとばかりにファン心を奮い立たせる。

tonun「あなたの季節が」




8月中旬ごろから晩夏や秋をテーマにした楽曲が各所でドロップされている中、まさしくこの時期に聴きたい名曲がtonunから送り出された。秋が巡るたびに疼き出す過去への思いが、スムースな歌声に乗せて情緒豊かに色づいていく過程は、胸が締め付けられると同時に涼しげな快楽を運ぶ。

MALIYA「Unbreakable (feat. 3House)」




80’sライクな多幸感あふれるエレピを従えたMALIYAの新作。沖縄出身の気鋭アーティスト、3Houseを招いている点も大きなトピックで、スウィートな質感に集中したとびきり艶かしい歌唱が繰り広げられる。リリースが決定している2ndアルバム『Faveur』も待ち通しい。

TAEKO「Queen Bee」




歌って踊れるスターを数多く輩出してきたRISINGPRODUCTIONからまた一人、将来有望なシンガーが登場。YoheiやGalleriaの面々によるオリエンタルな毛色のR&Bサウンドもさることながら、近年では珍しいアタック感の強いボーカルワークも圧倒的で、まさしくエンパワーメントの体現にふさわしい存在。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP