POP

川畑要「FLASH BACK」トロピカルなサウンドと回想が織り成す心地よさ

昨年、ソロ活動を個人事務所主導で行うことを発表し、心機一転のスタートを切ったCHEMISTRYの川畑要。数年前からライブで披露されていた楽曲を音源化した本作「FLASH BACK」は、UTAと谷口尚久の三名で結成したプロデュースチーム・KUTによって制作された緩やかなトロピカルEDM。歌詞では、川畑の実体験をもとにした回想が展開。やけに具体的な内容が綴られているものの、トラックの持つミステリアスな音像、さらには川畑自身の淡々とした歌い回しが重なることで、夢の中を体現したようなどこか曖昧な感触を残す。その浮遊感からくる心地よさたるや、歴代の青春懐古ソングの中でもかなり優秀な部類なのでは。

▼関連記事


川畑要「FLASH BACK」
2020年12月31日配信開始

「FLASH BACK」(Apple Music)

川畑要 公式サイト
川畑要 Twitter

関連記事

  1. 【アルバムレビュー】清水翔太 『Umbrella』
  2. 2008年度『ジャパニーズR&Bプロデューサーのお仕事』
  3. 新譜レビュー&プレイリスト【CHEMISTRY/KNOTT/MALIYA 他】
  4. 三浦大知「Backwards」80年代アプローチで切り開く怒涛の新世界

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】倉木麻衣の”カッコイイ”おすすめ曲11選
  2. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  3. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
PAGE TOP