JBSGROOVE WEEKLY

新譜レビュー&プレイリスト【BALLISTIK BOYZ/宇多田ヒカル/Diwほか】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE「All Around The World」



ヒップホップからジャニーズまで幅広く手がける新進気鋭Xanseiがトラックメイキングに携わった、2ndアルバム『PASS THE MIC』のリード曲。ウェッサイ風味のラグジュアリーな音使いが決め手にして、「Animal」を含むアルバム序盤の攻めっぷりを引き立てる磐石な仕上がり。

宇多田ヒカル「君に夢中」



TBS系連続ドラマ『最愛』主題歌。鍾乳洞よろしく神秘的なムードを湛えたピアノリフ、恋に絆される姿を自嘲気味に描くリリックなどきめ細やかな所作がいつにも増して光る一方、ダンスホールのリズムスタイルを取り入れたことでちょっとした野性味も発揮。

Diw「せめて今夜だけは」

長谷川夏帆(Vo)長山智之(Dr)からなる大阪出身ユニットの3rdシングル。ストリングスの音色やほろ苦いコード感から立ち上るは素晴らしき90年代R&Bの香り。切なさに身を任せた長谷川の歌唱もリピート必至の味わい。

Izumi Ryota「Bambina」



2019年に珍妙なテイストのR&B「BROWN BROWN」でデビューを果たした男性シンガーが2年ぶりに新曲を発表。前作のような飛び道具さながらのハイトーンが聴けなかったのはやや心残りだが、ラップ色強めのヴァースと甘美なフック、どちらも軽妙な身のこなしであるあたりはさすが。

Mii「I’m sorry」



こちらも久方ぶりの新作リリース。以前からネット上では未発表音源として公開されていた楽曲で、タイトなビートに乗せてすっかり妖艶になった美声を披露。サウンドの志向からしてR&Bに本腰を入れようとしているのは明白なので、今後に期待。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

関連記事

  1. 新譜レビュー&プレイリスト【Soulflex/Solmana/EXILE ATSUSHI 他】
  2. 向井太一「BABY CAKES」R&Bの黄金時代煌めくT.Kura提供曲
  3. Tio & jaff「Stella (feat. Lokid)」切実な思いを募らせる現代のラブソング
  4. 新譜レビュー&プレイリスト【向井太一/ZIN/葛谷葉子 ほか】

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】倉木麻衣の”カッコイイ”おすすめ曲11選
  2. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  3. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
PAGE TOP