JBSGROOVE WEEKLY

新譜プレイリスト&レビュー【YUKI/JO1/Ado 他】

JBSGROOVEが毎週お届けする新譜系レビュー&プレイリストプロジェクト、それが「JBSGROOVE WEEKLY」。日々リリースされる邦楽の中でとりわけグルーヴィーな、あるいは是が非でもチェックすべき楽曲を、JBSGROOVEならではの視点から厳選してご紹介します。また、プレイリストの内容をもとに、新着楽曲などをレビューでもピックアップ。週ごとにアップデートされるときめきと刺激をお楽しみください。

Apple Music版「JBSGROOVE WEEKLY」

<今週のピックアップ>

YUKI「NEW!!!」




ジューシーなポップムードが充満する最新アルバム『Terminal』より、とびきりファンキーなダンスチューン。アレンジに、J-R&B界の手練れである今井了介とU-Key zoneをダブル起用。新境地を裏付ける一曲。

Furui Riho「Purpose」




ルーツであるゴスペルと、ヒップホップの要素がピースフルに融合。人間臭い繊細さを伝える伸びやかな歌声は健在。

JO1「Born To Be Wild」




オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』の合格者11人で結成された大人気グループ。3rdシングル収録のこの楽曲は、容赦無く移り変わるサウンドプロダクトと各メンバーのボーカルパワーが疾走する清涼ブギー。

Ado「踊」




「うっせぇわ」でおなじみのAdoが、Teddy Loidとのコラボ曲を発表。ラテンのフレイバーをまぶしたドラッギーなEDMサウンドが、持ち前のヒールな節回しによって加速度を上げていく様は圧巻。

杏子「Why Boy」

福耳のメンバーとしても知られるハスキーボイスの女帝、8年半ぶりのフルアルバムに収録。チャレンジ尽くしのラインナップの中、この楽曲では今様のトラップR&Bを遊泳。エレキギターの残響が良いアクセントに。

BuZZ「Love potion」




ライジングプロダクションに所属するミクスチャーバンドが満を持して送り出した、攻撃力の高いディスコチューン。I Don’t Like Mondays.あたりを思わせるチャラさとアーバンなグルーヴが痛快で、ステージ映えが楽しみになる出来。

潮成実「翳り」




なかなかにエモーショナルで骨のある歌唱。その正体は、VTuberならぬVsingerの肩書きを持つ女性シンガーだった。R&Bからの色濃い影響を感じさせるブルージーなトラックの仕上がりも上々。

▼前回の「JBSGROOVE WEEKLY」はこちら

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP