イベント

ライブレポート 『a-nation’08』

昨日、友達3人とa-nation’08に参戦してきました!会場は大阪のみなと堺グリーンひろば。

家を出たときから雨模様だったので観覧するのに支障が出ないかなぁと気がかりだったのですが、案の定会場では降ったり止んだりの不安定な天気で大変でした。俺の目当ては、パワーステージ出演のtwenty4-7と本編出演のELT・安室奈美恵・COLOR・三浦大知、そしてシューティングアクトのJ Soul Brothersでした。

以下からセットリストと共に公演を追っていきますが、東京公演に行かれる方もおられるので、一応白字にして堂々と晒すのは避けておきます。見たい方は、下部をドラッグしてご覧ください。ちなみに睡魔と疲労に耐え切れず途中座って観覧したり、飯を調達しにウロウロしてたり、終演後の混雑するのを危惧して早めに会場を出たっていうのもあり、うろ覚えや歌った曲が分からない箇所もありますがご了承を。

<Power Stage>
twenty4-7
01.summer story
02.Fly Out
03.AMAZING

会場には13時過ぎに入って、まずはパワステ出演のtwenty4-7を見に直行。激しい雨が降ってた中、twenty4-7の2人はもろともせず1曲目「summer story」をパフォーマンス。プロ魂ってすげぇなぁと痛感。そしてMIKAの「雨降ってますが、この曲を聴いて吹き飛ばしましょう」みたいなMCが入って2曲目「Fly Out」へ突入。そしたら途中でほんまに雨がパタッと止んで、むしろ日差しまで覗かしちゃったもんやから、twenty4-7スゲェーと宗教信者のごとく尊敬しちゃいました。

<Opening Act>
BRIGHT
福井舞
JONTE
メインステージに入ってからは、BRIGHT、福井舞、JONTEがオープニングアクトしてました。
BRIGHTは、安室ちゃんの「CAN YOU CELEBRATE?」やEXILEの「Choo Choo TRAIN」、ハマさんの「Moments」など、a-nation出演アーティストのヒット曲をメドレー形式にしたカバーを披露してました。福井舞はドラマ「恋空」主題歌起用で話題になってますが、歌い回しがすんげぇ絢香っぽかったです。JONTEは「写真で見るよりカッケーw」っていうのが第一印象。

安室奈美恵
01.WHAT A FEELING
02.Sexy Girl
03.WANT ME,WANT ME
04.Chase the Chance
05.Baby Don’t Cry

本編が開始され、「WHAT A FEELING」の一部が流れると同時に観客からは「安室ちゃんやー!」という声が漏れ、会場総立ちに。生安室ちゃんは初めてだったんですが、やっぱ可愛い&顔小せーw 90年代のヒット曲「Chase the Chance」もキレよく披露してくれて満足でした。ただ声の調子が若干悪そうだったのが心配でした。「Baby Don’t Cry」の時には限界突破って感じで高音を搾り出すように必至に出そうとしてたからねぇ・・・。

<Shooting Act>
J Soul Brothers
01.WE!
02.FREAKOUT!
03.Fly Away

安室ちゃんがはけると1発目のシューアク・JSBが登場!T.Kura&michico夫妻Pro.の「WE!」で幕開けですが、やっぱカッケーよこやつら。最新シングルの「FREAKOUT!」は初めて聞きましたが、こっちも程よくエレクトロしてていい感じ!最後には元祖JSB時代のセルフカバーでEXILEもリリースした「Fly Away」で締めてくれました。ネスミスが思った以上に踊れててビックリ。

鈴木亜美
01.BE TOGETHER
02.all night long
03.love the island
04.Delightful
05.ONE

お次はアミーゴ。のっけから「BE TOGETHER」という反則技を繰り出し観客の注目を一気に惹きつけた後、こちらもソニー時代のヒット曲「all night long」を披露。この2曲が現スタイルであるエレクトロ風アレンジですげぇ格好よかった!そして「今年でデビュー10周年を迎えました。私のデビュー曲を聴いてください。」という前置きをし、デビュー曲「love the island」をキーを2つほど下げて披露。そして「Delightful」で再び客を煽った後、最新曲「ONE」で客のテンションをことごとく下げて帰ってったアミーゴなのでした。まぁ最後にあれ持ってこられたら無理ないかw でももっと退屈なセトリだと思ってたから、俺は大満足でした。

三浦大知

お次は大知君。予想どおり観客の反応はイマイチでしたが(1曲目から「Be Shining」というどマイナーな選曲w)、抜群のダンス・パフォで魅せてくれました。そして毎曲の終わりには「ありがとうございました!」という律儀な挨拶。同い年だけに、見習わなきゃなぁと思いましたね。

<Shooting Act>
RIKI

01.MA・TSU・RI
02.リーゼント ブルース

シューアクで竹内力の双子の弟?のRIKIが登場。友達が竹内力のファンなので、えらく興奮してました。サングラスをはずして!という観客の野次に対する「サングラス取ったら兄貴になっちゃうだろ!」というRIKIの突っ込みが最高なのでした。

COLOR
01.Midnight call
02.涙が落ちないように
03.Summer time cruisin’
03.Blue Sky

お次はCOLOR。生COLORは2度目ですが、相変わらずピッチも安定してて上手かったです。この頃疲労がたまってたので座って聴いてたんですが、「Summer time cruisin’」をまさか歌ってくれるとは思わなかったので、イントロが鳴った時点で立ち上がって、めちゃめちゃ興奮しながら聴いてました。

<Shooting Act>
GIRL NEXT DOOR

01.偶然の確率ほか1曲
エイベがハンパなく推している新人・ガルネクもシューアクで登場。Vo.の子が活発で好印象でした。
ただどう聴いてもどう見てもday af(ry


mihimaruGT
01.ギリギリHERO
02.泣き夏 with SOFFet
03.ええがな
04.気分上々↑↑

お次はmihimaruGT。hirokoはTVでもよく披露していた動きづらそうなピンクのコスチュームで登場し、まず「ギリギリHERO」を披露。ガルネクからmihimaru序盤にかけて丁度メシ買いに行ってたんですけど、mihimaruが登場した途端、屋台からアリーナに駆け込んだ客が多くてワラタw 続けて「今回無理言ってお呼びしました!」とhirokoが前置きし、先日コラボしたSOFFetが登場、一緒に「泣き夏」を披露しました。そして合間にhirokoが「オモロー!」、miyakeが「キター!」と今流行のギャグで煽った後に「ええがな」へ。サビでは観客がタオルをブンブン振り回してたのでめっちゃカラフルでした。そしてラストは鉄板パーティーチューン「気分上々↑↑」で盛り上がりは最高潮に。生mihimaruは売り出し中だった頃出演した’04のエイネで見て以来だったんですが、盛り上げ方が異常に上手くなってました。
かしい未来 ~longing future~ほか1曲

Every Little Thing
01.Someday,Someplace
02.あたらしい日々
03.flagile
04.Dear My Friend
05.Shapes Of Love

そして最大のお目当てELT登場!昨年友達とELTに熱を上げてから1年、やっと生のELTを拝むことが出来ました!しかもセトリが神すぎ!1曲目から「Someday,Someplace」で「フー!」「アゥ!」と一人で奇声上げるモッチー最高。声の調子は・・・この時点では出てるって感じかなw MCでは「恋人と来てる人は恋人と手をつなぎながら聴いてください」的な事を言って、「fragile」を特殊な構成で披露。そして恒例のアホへと突入!アンニュイな煽り方がまたいい!そして名曲「Dear My Friend」「Shapes Of Love」を立て続けに披露してくれました。これが10周年記念LIVEのDVDまんまのパフォーマンスで超笑えましたw ・・・歌唱はDVD以上にひどかったけど(笑)。てかもっちーが終始とにかくアグレッシブに動き回ってたのにビックリしました。三十路であれだけ縦横無尽に動けるのは素直にすげぇと思う。

<Shooting Act>
奥村初音
01.夏色の恋
02.ホントはね

続いてシューアクの現役高校生シンガソングライター奥村初音が登場。タイアップがついて馴染み深い2曲を披露してくれました。MCも少しやってましたがとても素朴な子なんですよねぇ。

東方神起
1.Purple Line
2.Choosy Lover
3.どうして君を好きになってしまったんだろう?
4.Medley(SHINE~Somebody To Love)
5.Summer Dream

お次は東方神起。「Purple Line」から幕を開け、ダンスチューン中心に会場を盛り上げます。ここではやはり女性ファンの歓声が凄いw ただ全員髪型が何か変やった・・・あれは意図的なんかな?とりあえずBoA以来となる国民的韓国アーティストになりそうな兆しがあるだけに、エイベさんにはこれからも大事に育てていただきたいと思います。

<Shooting Act>
moumoon
01.PINKY RING
02.Do you remember?

シューアクラストはmoumoon。彼らは俺が某CD店に勤めていた時に販促を担当したことがあったので、生で見れて嬉しかったです。しかもよりにもよって俺の好きな「PINKY RING」を披露してくれたもんやから、感動も一入です。サイン会も同会場でしてたようなんで、行けばよかったなぁとちょっと後悔。

TRF
01.BRAVE STORY
02.BOY MEETS GIRLS
03.LEGEND OF WIND
04.Medley(Live Your Days~EZ DO DANCE)
05.Where to begin
06.survival dAnce~no no cry more~

そして疲れきった体を再び奮い立たせようと、立ち上がってTRFを観覧。次々繰り出されるダンスナンバーに、終始テンションあがりっぱなしでした。特に「EZ DO DANCE」や「survival dAnce」での会場の一体感は本当に素晴らしい!トリでもよかったくらいw「BRAVE STORY」ではエキゾチックなダンスも見れて、すっかり暮れた空と相まってちょっとロマンチックでした。彼らもmihimaru同様04年以来の生だったんですが、何年経ってもいくつ年を食っても彼らは健在やなぁ~と感嘆してしまいました。


倖田來未
01.Lady Go!
02.Venus
LAST ANGEL feat.東方神起
キューティーハニー
ほか

そしてトリの倖田來未ですが、混雑を予想して早めに会場を後にしたのではじめの2曲ぐらいしかろくに聞いてません。「LAST ANGEL」では東方とコラボってたみたいやし、もうちょっといてもよかったかな。

てな感じの1日でした。
総合的にみた感想を簡単にさせてもらうと、
・雨でアーティスト、観客とものコンディションが最悪。地面が濡れてて疲れてても地べたにろくに座れないし、パワステのアーティストはパフォ中に滑ってこけるしで、終始雨に悩まされた1日でした。(まぁシートとか用意してなかった俺も悪いけど)
・シューティングアクトがほかの日に比べて多すぎじゃね?マイナーアーティストが多くて、観客の中には腑に落ちん人も多かったんちゃうかな。
・あと交通の便が悪すぎ。駅ついて会場行きのバスがあるってきいたから行ってみたら、駅から10分も歩いた場所に停留所あるって何やねん?w
・ELTとTRFは神

以上ですw
東京公演行く人は楽しんでくださいな。

関連記事

  1. 新譜プレイリスト&レビュー【三浦大知/Lucky Kilimanjaro/AISHA 他】
  2. 新譜レビュー&プレイリスト【三浦大知/tonun/SHO HENDRIX ほか】
  3. 2020年のJ-GROOVE TOP100 前編
  4. 新譜プレイリスト&レビュー【宇多田ヒカル/三浦大知/DEAN FUJIOKA 他】

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】倉木麻衣の”カッコイイ”おすすめ曲11選
  2. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  3. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
PAGE TOP