未分類

【アルバムレビュー】倉木麻衣 『ONE LIFE』

倉木麻衣の今年元旦発売のアルバム『ONE LIFE』(08.01.01)。シングル曲「白い雪」「Silent love~open my heart~」などを含む通算7枚目のオリジナルアルバムです。オリコンでは、年末年始の合算週でのリリースだったため、初登場14位に留まっています。





収録曲は、初期のグルーヴ満点のR&Bを彷彿させるメッセージ性の強いOPチューン①『One Life』、①に続き黒さを押し出した、持ち前のウィスパーボイスを活かしたシックなミディアム②『I Like it Like that』、「冬のソナタ」のテーマ曲の作者であるユ・ヘジュンの手がけたメロディアスなメロディーが心地よいスローナンバー③『one for me』、ラテンムード一色の「A3チャンピオンズカップ」テーマソング④『Born to be free』、J-R&Bを中心に手がける宮地大輔作の幻想的なウィンターバラード⑥『Silent love~open my heart~』、メロディーからくるイメージがどことなくhiroの「Confession」と被る、Mai-Kお得意の哀愁味溢れるナンバー⑦『everything』、歌謡テイストをいい塩梅で盛り込んだR&B調ミディアム⑧『Season of love』、しなやかなメロディーと角張ったビートの取り合わせが憎い小綺麗チューン⑩『Wonderland』、ジャジーな音色に包まれた、言わずと知れたスタンダードナンバーのカバー⑫『Over The Rainbow』などなど。

「原点回帰」と高らかに銘打っているだけあって、2007年以前の作品とは一線を画すブラック・ヴァイブス溢れる楽曲を中心に、バラード、ポップスまで手広くカバーした1枚になっています。すっかり世に定着しているポップに立ち回った彼女も好きなんですが、R&Bを歌う彼女は、やはりその何倍も魅力的なんですよねぇ。新レーベル「NORTHERN MUSIC」からのリリースが作用したのか、制作陣の顔ぶれも豊かで、目を引きました。R&Bをあらゆる角度から見つめ抜いた彼女と制作陣のスタンスに拍手!

『ONE LIFE』(Amazon)

倉木麻衣『ONE LIFE』(2008/01/01)
1. One Life
2. I Like it Like that
3. one for me
4. Born to be Free
5. 白い雪
6. Silent love~open my heart~
7. everything
8. Season of love
9. secret roses
10. Wonderland
11. BE WITH U
12. Over The Rainbow(Bonus Track)

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP