JAPANESE R&B

MAY’S 『Beginning』 タフなボーカルが生きた名盤

Vo.の片桐舞子とトラックメイカーの河井純一からなるR&Bユニット・MAY’Sのアルバム『Beginning』。インディーズでリリースした通算2枚目のアルバムです。

収録曲は、大人になりきれず葛藤する未熟な内面についてエモーショナルに歌い上げる①『Still A Girl』、キラキラした音色がリズミカルに波打つライトなミッドダンサー②『ロドリゲス』、舞子嬢の凛々しいボーカルを舌を巻いたエッジーなシリアスチューン③『REAL』、寂しさ募るリリックに心が痛む悲傷スロー④『LOVE』、一転して「喜び」の感情を等身大で表現した明快NJS⑤『Joyful Joyful』、母への感謝の意をストレートに紡いだ舞子嬢の歌唱なしには決して成立し得ない名バラッド⑦『MaMa』、今では入手困難な自主制作CD「Sailing」に収録されている楽曲の静閑なピアノVer.⑧『JULY』、そしてDJ WATARAIがよりフロアライクな硬質トラックにRemixした⑩『REAL(DJ WATARAI Remix)』など。片桐舞子のタフなボーカルを存分に活かした、力強い楽曲が軒を連ねています。

本当に彼女の歌唱力には脱帽しきりです。張り上げ系ボーカルゆえの危なっかしさを絶妙にキープしつつ丁寧にバランスよく歌いこなすので、シャープなんやけど耳当たりが抜群なんですよね。魂消たもんです。相棒の河合氏によるトラックも、甘さと鋭さを兼備した隙のない作りでたまりません。今週14日には、いよいよメジャーデビュー後初となるニューアルバム『Dreaming』をリリース。仕上がりがどうなっているのか楽しみです。

『Beginning』(Amazon)

MAY’S『Beginning』(2006/09/13)
1. Still A Girl
2. ロドリゲス
3. REAL
4. LOVE
5. Joyful Joyful
6. Must Quit xxxxx
7. MaMa
8. JULY (Piano Version)
9. Still A Girl (Grooveman Spot Remix)
10. REAL (DJ WATARAI Remix)

関連記事

  1. 【インタビュー】mochA、シングル「ジルコニア」で見せる素顔
  2. 【アルバムレビュー】Crystal Kay 『637-always and forever-』
  3. 宏実 『MAGIC』 レインボーボイスが放つJ-R&Bの金字塔
  4. 黒木メイサ『MAGAZINE』聴いて・読んで楽しむ一流エンターテインメント

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】倉木麻衣の”カッコイイ”おすすめ曲11選
  2. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  3. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
PAGE TOP