HIPHOP / REEGAE

【アルバムレビュー】CLIFF EDGE&MAY’S 『Dear…』

JUN、SHIN、DJ GEORGIAからなるHIP HOPグループ・CLIFF EDGEと、Vo.片桐舞子とPro.河井純一からなるR&BユニットMAY’Sのスプリットミニアルバム。インディ盤ながらオリコンウィークリーランキング初登場30位を記録した今作は、リード曲である『Dear…』を含む全7曲収録です。ちなみに今年、2組ともめでたくメジャーデビューを果たしています。





抜群の爽快感を誇る、ブラックミュージックとPOPSを見事に融合させたキャッチーなラブソング①『Dear…』、オリエンタルなハープの音色が印象強いメロウなHIP HOPトラック②『call my name』、CLIFF EDGEの肩肘張らないフロウと分かりやすい世界観が魅力のメッセージ性強いミッド④『Beautiful Days』、舞子嬢のシーン屈指の歌唱力・リズム感を堪能できる本格派NJSチューン⑥『Roots Of Mine』、そして中盤以降の舞子嬢の独特のフェイクまわしが涙を誘う荘厳バラッド⑦『Appreciation』などなど、2組の個性を活かした耳馴染みのいい楽曲勢ぞろいの1枚です。

特にリード楽曲である「Dear…」の軽やかなポップネスと、「Roots Of Mine」の本場と遜色のないNJSスタイルには、素晴らしすぎて感嘆必至のはず。彼らはこのCDのほかにも「NATURAL8」や各客演などで幾度も競演を果たしているので、彼らに興味を抱いた方は、関連作品もくまなくチェックしてみることをお薦めします。

『Dear…』(Amazon)

CLIFF EDGE & MAY’S『Dear…』(2007/11/14)
1. Dear…
2. Start up (Skit)
3. call my name
4. Beautiful Days
5. N.Y. Morning Sky (Skit)
6. Roots Of Mine
7. Appreciation

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP