SINGLE

【シングルレビュー】TSUYOSHI「Ooooh」 / 宏実 / Revival Stance / 洸平

今日は、最近iTunes Music Storeで購入した楽曲の中から、いくつかオススメをご紹介したいと思います。ちなみに俺、一時期iTMSでかなりの買い物をしてたんですが、あっさりMusic Cardの残金が底をついてしまったので、それから購入に対してはだいぶ慎重派になりまして。 手軽ってのは、時としてつくづく恐ろしいもんやなぁと思いますね。

◆TSUYOSHI 『Ooooh』
まずは今週配信開始のメールシンガー・TSUYOSHIの新曲から。
STY×BACH LOGICの鉄板コンビ制作によるSweetなミッドナンバーで、メロディー、トラック、ボーカルといったこの楽曲に注ぎ込まれているすべての要素が”R&B”をごく自然に奏でるクオリティ抜群の1曲です。先月のLIVE「OSAKA→WORLD」で披露されてから配信を今か今かと待ちわびていた訳ですが、こうしていざ楽曲を手に入れてジックリ聴いてみたら尚更いいんですよね。TSUYOSHI骨太なボーカルは、やっぱりR&Bでこそ本領を発揮するんだと痛感しました。来月3日には次の配信曲「For Real」が、そして10月4日にはミニアルバム「For Real」がCDでリリースされます!これは期待!

◆宏実 『VANILLA』
続いて先日解禁された宏美・・・ではなく宏実の新曲。淡いシンセがガンガン飛び交うキャッチーなミッド・アッパーで、プロデューサーは彼女の作品をこれまでに何度も手がけるT-SK氏。Hookでの「バニラー!バニラー!」のフレーズが息んでる割に清清しくていいんですよねぇ~これが!持ち味のひとつであるフェイクにも一段と磨きがかかってて素敵っす。こういう現行シーンの流れを手堅く汲んだ楽曲も嵌っちゃうんですねぇ~ほんま色々と柔軟やなぁと感心。

◆Revival Stance 『STEP TO THE NEW WORLD feat.宏実』
続いてYOSHI、key.i.mの1Singer1MCからなるユニット・Revival Stanceの最新アルバムからのリード曲。上でも紹介した宏実をフィーチャーした、前向きなリリックが特徴の爽やかポップナンバーになってます。そのタイトルからはじめ「SOULHEADのカバー?」かと思ったのは内緒。これは配信より先にPVを見て好きになった1曲で、内容自体は現在量産され続けているごくごく凡々としたHIP POPなんですが、その中にあの宏実がいる!ってだけで随分と魅力的に映っちゃいましてw そして何より「宏実 feat.Revival Stance」と呼んでもいいぐらい宏実っちが二人を食っちゃってる皮肉な結果が俺の中での決め手になったのかも。





◆洸平 『Summer Breeze』
ラストはニューカマー・洸平の新曲。夏の甘酸っぱい恋愛を描いたピュアなポップナンバーになっています。本職はシンガーながら、画家としての才能もあり、絵を描きながら歌を歌うという唯一無二のスタイルで今後の音楽シーンを盛り上げようとしている重要人物の1人でございます。彼の場合もPVを観て惹かれまして、ボーカルは割とオーソドックスな歌唱法ながら、その屈託のなさが初々しくていいなぁ~と。今作は配信3ヶ月連続リリースの2曲目曲で、既にプレデビュー曲の「止まない雨」が配信限定でリリースされています。こちらは「Summer Breeze」をそのままテンポダウンさせたようなミディアムナンバーなんですが、「Summer・・・」に比べるとちょい味気ないかも。まぁとにもかくにも今後に期待!

ほかにも坂詰美紗子の9月発売の新曲「オンナゴコロ」も先行配信されてましたが、CDリリース待ちってことで、あえてスルーしました(笑)。配信は、洸平のようにプレデビューの場として使いリスナーの反応を窺ったり、アルバムに先駆けるパイロットシングルをCDの代わりにリリースしたりなど、アーティストによってその用途はさまざまなようですが、俺はこうして配信リリースが世間一般に浸透した今だからこそ、断固としてCD派なわけで。

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP