SINGLE

【シングルレビュー】JAY’ED『ずっと一緒』 / 湘南乃風 / SATOMI’

ずっと一緒◆JAY’ED 『ずっと一緒』
JAY’EDのメジャー2作目となるシングルは、タイトルどおりどんな時も一緒だよと宣言し誓う幸せムード一杯の穏やかなラブソング。サウンドやリリック面において、前作以上にポップ・フィールドへと傾倒し、誰の心にも沁みる柔らかな世界観がむしろ魅力担っています。プロデューサーには彼のほかにもDef TechのMicroやクリちゃん、そしてMC+Singerの決定打「君のすべてに」なども手がけてきたJeff Miyahara氏が登板。夏の風情をフルに含んだJeff氏自演の爽やかなギターカッティングが素敵すぎます!カップリングには、BACH LOGICとの共作になるPolow da DonチックなサイバーミッドR&B『This Summertime』と、JAY’EDのリスペクトする久保田利伸の名曲をメロウにカバーした『Missing』を収録。カップリングともに必聴です!





恋時雨(初回限定盤)(DVD付)◆湘南乃風 『恋時雨』
湘南乃風のニューシングル。1曲目は終わってしまった恋をバネに、新たな恋へ踏み出そうとする男の「弱音」にもフォーカスを当てた、「純恋歌」以来となるエモーショナルなバラッドソング。相変わらずアクの強いガナりフロウが飛び交っており男臭さムンムンですが、メロディーは「睡蓮花」や「黄金魂」などの持ち歌からの継ぎ接ぎが目立って、イマイチ響かないんですよねぇ。一方のカップリングの『SHOW TIME』は、彼らに根付くレゲエスピリッツが冴えまくるホットなダンスホールナンバーで好印象です。荒々しいギター音も採り入れ、多方面への抜かりないアプローチもミソ。

◆SATOMI’ 『Memory-夏色の宝物-』
ラストはSATOMI’の2週連続配信リリースの第2弾。自分のもとからいなくなってしまった”彼”と過ごした「夏」をSATOMI’が甘美に歌い上げる切なさ全開のメロウナンバーになってます。恋人との思い出って、本当に何気ない出来事こそ素敵でかけがえなかったりするんですよね。それを踏まえて聴くと、余計に心を揺さぶられます。歌唱を引き立たせたシンプルな構成のVerseと、重厚なコーラスでスケールアップするHookのコントラストがまたたまらないです。

あと少しで9月という事で、シーンでも晩夏を題材にした楽曲が結構リリースされてます。
あーなんか今年の夏はあっという間やったなぁ・・・。
◆PV◆
◆MISIA 『Catch The Rainbow』

◆MEG 『PRECIOUS』

◆Lil’B 『キミに歌ったラブソング』

◆Remark Spirits 『My Best Friends』

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP