SINGLE

【シングルレビュー】AYUSE KOZUE「jingle bell love」 / COMA-CHI / Hanah / SATOMI’ / Sweet Vacation

◆AYUSE KOZUE 『jingle bell love』
まずは本日から配信開始されたAYUSE KOZUEの配信楽曲。タイトルどおりクリスマスをモチーフにした、AYUSEらしい良い意味でつかみ所のないキュートなポップチューンに仕上がっています。そして何といっても今作は演奏時間が10分弱の9分40秒という超のつく長編になっており、後半はミュージカルか?とも思わせるユニークな仕掛けもふんだんに盛り込まれています。こういう半ば実験的な音楽もサラリとやってのけてしまうところが、次世代DTMアーティストである彼女最大の持ち味ですよね。セルプロデュース作という事で、彼女の織りなす凝った音の”演出”にもご注目あれ。

◆COMA-CHI 『name tag (C-O-M-A-C-H-I)』
お次はメジャーデビューが決定したフィメールラッパーCOMA-CHIの配信シングル。来年2月4日にリリース予定のメジャーデビューアルバム「RED NAKED」からのリード曲になっている今作は、DJ MITSU THE BEATSがトラックを手がけた曲者「名刺」ソング。これまでメジャーマイナー問わず数々のアーティストへの客演で着実にキャリアを積んできた彼女です が、待望のソロ作では、持ち前のタフネスたっぷりに「卑屈な奴らが2ちゃんでベラベラ」「私でオ○ニー」などの際どいフレーズを吹っかけながら、誰にも媚びないアイデンティティーを発散させています。こんなにドープなヴァイブスを持つフィメールMCは彼女だけ!

◆Hanah 『my girl』
COMA- CHIがiTunesで先々週の「今週のシングル(無料配信曲)」に選ばれていたんですが、先週は彼女でした。ジャズに親しんだ家庭に生まれたソウルシンガーだという彼女の、今週リリースのデビューアルバム『soulflower』からのリード曲との事ですが、これが程よくオーガニックテイストを漂わせる上質なアコースティックソウルでたまらないんです。KeycoとPUSHIMを足して2で割ったようなアンニュイめのボーカルも癒しの成分タップリで凄く魅力的なので、安定した環境のもとで聴くと最高に沁みるでしょうね。





◆SATOMI’ 『Joy of Love -SEXY-SYNTHESIZER REMIX-』
お次はSATOMI’。10月にリリースされたアルバム「Daisylight」のリード曲だった「Joy of Love」を、8bitサウンドの名手でもあるSEXY-SYNTHESIZERがリアレンジしたRemix作品で、原曲のポップな仕上がりから一転、愛らしいピコピコ電子音が犇めく華麗なサウンドワークが目を惹く1曲に仕上がっています。昨今スポットを浴びつつある8bitサウンドですが、俺はもともとこういう懐かしさを感じるサウンドが大好きなので、今後「音楽アレンジの手法の内の1つ」として、もっと一般に浸透すればいいなと思います。

◆Sweet Vacation 『Magic Snow』
ラストはハウス・ポップユニットであるスウィバケことSweet Vacationの配信曲。Vo.Mayが歌う「リンリンリン~さぁ~メリークリスマ~ス♪」というサビフレーズが病み付きになるクリスマス・ソングで、 いつもの4つ打ちビートに加え鈴の音もしっかり効かせており、パーティームード一色です。Mayの愛くるしい下手ウマボーカルも、いつも以上にステキに曲を彩っている気がします。ただ如何せん、アートワークの手抜きっぷりが頂けない・・・(笑)。

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP