JAPANESE R&B

【アルバムレビュー】YOUNGSHIM 『Love Rain』

関西圏を中心に活動するR&Bシンガーであり、レゲエシンガーPUSHIMの妹でもあるYOUNGSHIM(ヨンシン)のメジャーデビューミニアルバム。PVも制作されたリード曲①を含む全6曲仕様です。

収録曲は、『What A Day!  笑って~♪』と軽快にライミングしながら愛を投げかけるAKIRA作の爽やかアッパー①『Voice Mail』、クルーメイトであるRYU-JAがプロデュースを請け負った、友情から恋が芽生えた女性を描くビターめミッド②『Just A Friend』、同じくクルーメイトであるTRAMP製の湿り気を帯びたトラックが後を引くアルバムタイトルチューン③『Love Rain』、R&B特有の粘着質なHookと彼女のフェイクが光るバラッド④『Talk About Love』、そして姉であるPUSHIMがトータルプロデュースやコーラスで参加したピコピコ系ダンスホールナンバー⑥『Girls In Da House』などなど。

デビュー盤という事で慎重になりすぎたのか、楽曲によってはどうも退屈な印象が拭いきれないんですが、クラブで培った彼女の確かな歌唱スキルを見せ付けられる1枚である事には間違いないです。その当のボーカル・スタイルはというと、同じくR&BシンガーであるJAMOSAのように、鼻にかかったようなとにかくクセのある声質なんですけど、聴けば聴くほど病み付きになる不思議な魅力があるように感じます。フェイクもここ最近のフィメールシンガーの中ではピカイチです。

『Love Rain』(Amazon)

YOUNGSHIM『Voice Mail』(2008/06/18)
1. Voice Mail
2. Just A Friend
3. Love Rain
4. Talk About Love
5. Hey Music
6. Girls In Da House

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP