JAPANESE R&B

HI-Dほか 『Special Calling-session 2-』

HI-Dがトータルプロデュースを務める企画盤の新作『Special Calling -2nd session-』(09.11.25)をレビュー。山口リサ・宏実・CHIHIROらもはやシリーズ恒例となったアーティストをはじめ、AI・CHiE(Foxxi misQ)・meajyuらシリーズ初登板組を含む多数の女性シンガーが参加した、全10曲収録です。

主な収録曲は、夢へ向かうプロセスをゴルフになぞらえた、Mr.OOSA&山口リサ競演の開放感あるミディアムチューン①『FAIRWAY』、AIの渋い歌唱がシンプルなリリックにドラマを吹き込むその名の通りのバラード②『Birthday Song』、T-SK氏のスムースな4つ打ちトラックが好印象な、CHiE客演による”素の自分”との対峙ソング③『MIRROR』、「嫌いなもの」の実質的な続編で、その後の彼女の悲嘆な結末を描いた⑤『助手席』、日本とフィリピンのハーフであるLicanaが初登板した、着うた向け風情の強いメロウチューン⑥『はばたくとき』、関西からMC AMIとDJ LICCAが参加したHeartsdales的フロアバンガー⑦『CLAP TO ME』、HI-Dとの濃密なデュエットが後を引くmeajyu客演のスロー⑨『帰り道の途中』、そして前作に収録された「青空」を、総裁・HI-Dが自身のソロVer.として仕上げた⑩『青空 ver.HID』など。

本シリーズ最大の旨味ともいえる「リリカルな世界観」と、客演陣の健闘ぶりとが本作でも絶妙に融合されており、「やっぱHI-D兄さんすげぇ~」と、まず舌を巻かずにはいられない1枚でした。ただ心なしか、シリーズを重ねるごとにR&Bから乖離してきていると思うのは気のせいかな?もっとガッツリアプローチしてくれてもいいと思うんだけどなぁ。

Amazonで見る
Spotifyで聴く

関連記事

  1. 【アルバムレビュー】May J. 『ALL MY GIRLS』
  2. ライブレポート 『a-nation’08』
  3. 唐沢美帆 『sparkle』/ ヒット曲「Way to Love」収録の1st
  4. 【アルバムレビュー】山口リサ 『Crystal Lights』

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】倉木麻衣の”カッコイイ”おすすめ曲11選
  2. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  3. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
PAGE TOP