SINGLE

【シングルレビュー】EXILE「Ti Amo」 / 加藤ミリヤ / SBK

The Birthday~Ti Amo~(DVD付)◆EXILE 『Ti Amo~The Birthday~』
まずは予想どおりの爆発的なセールス推移を見せているEXILEのニューシングル。昨年のヒットシングル「Lovers Again」を手がけた松尾潔とJin Nakamuraが再集結した1曲目「Ti Amo」は、いかにも不倫を匂わせる歌詞が目を引く哀愁一直線のバラッドソング。スパニッシュギターの甘い音色がそのメランコリックなムードをうんと引き立たせており、PVと併せて鑑賞すれば尚メロウです。カップリングには、既発曲に新たに客演を迎えた曲数稼ぎにしか思えない「SUPER SHINE feat.VERBAL」「24karats feat.J Soul Brothers and DOBERMAN INC」を収録。そして歌い直しとして、デビュー曲である「Your eyes only~曖昧な僕の輪郭~」のニューバージョンを収録していますが、妙に辛気くさい仕上がりになってて微妙。まぁ何はともあれ、「BALLAD BEST」へ向けての絶好のパイロットシングルになったのは間違いないようです。

SAYONARAベイベー/恋シテル(初回生産限定盤)(DVD付)◆加藤ミリヤ 『SAYONARAベイベー/恋シテル』
20歳になって初のシングル。Chris Brown「Forever」路線の四つ打ち切な系バラッド「SAYONARAベイベー」と、前々から情報にあったShaniceの「I Love Your Smile」ネタのキュートなラブソング「恋シテル」の両A面仕様になってます。まぁ両曲とも賛否が大きく分かれそうな内容ではありますが、サウンド・プロダクションに至ってはまずまず健闘してくれたように思います。ただ欲を言うなら、メロディーをもう少し練り上げてほしかったかな。特にVerseは両曲とも使い古し感が強すぎる。 そしてもう1曲、カップリングとして切迫感あるダンスホールノリのR&B「PERFECT PITCH」を収録。彼女のシングルはカップリングまで余すことなく魅力が詰め込まれてるので好きです。





elegy train◆SBK 『elegy train』
ラストはSBK(スケボーキング)ひさびさの新作。最後の作品から数えると、実に5年ぶりのリリースになります。坂本龍一教授の世紀末の大ヒットインスト曲「energy flow」をサンプリングして何かと話題になってますが、偏に「何で今更?」って感じではありますよね。内容自体は有名ネタを使ってながらなかなか凝ってて好きなんですけど、やっぱり話題性によって脚光を浴びて復帰したかったってことなのかな。カップリングの「what can i say」もウィスパーライムで展開する落ち着いたトラックなんですが、どうせならカップリングだけでも全盛期みたいにかっ飛ばしてほしかったと言ってみる。

新着エントリー

おすすめ記事

  1. 【R&B中心】CHEMISTRYのカッコイイおすすめ曲20選
  2. Ms.OOJAの”カッコイイ”おすすめ曲特集【メジャーデビュー10周年】
  3. バレンタインデーに聴きたいJ-R&Bのラブソング 【2000年-2021年】
PAGE TOP